4/25は世界マラリア・デー

本日、4/25は世界マラリア・デー。2007年にWHOがマラリア
対策推進のためにはじめました。WHOはマラリア蔓延地区に
殺虫剤DDTの室内散布を推奨し、成果を上げましたが、2008年
に発生したコーヒーの残留農薬問題をきっかけにマラリアに
苦しんでいる国の1つであったエチオピアがその使用を止める
という事態になってしまいました。

当時、私はJETROからの依頼を受け、この問題の調査をおこない、
相次ぐ基準値を超えの原因がコーヒーの国内輸送に使用していた
麻袋の高濃度汚染であることを突き止めました。
これだけであればエチオピアけしからん!で終わる話なのですが、
高濃度汚染を招いた農薬が、日本を含む先進国が放棄したもので
あること、基準値超えとはいえ、健康リスクが全くない濃度に
対してNGを出し続けたこと、などを知ってしまうと責任を感じ
ざるを得ません。

エチオピアは世界の最貧国の1つでした。同国の外貨獲得の1番
の手段はコーヒーの輸出、日本は最大の輸出先でした。2008年
から数年の間に起こったことをまとめます。
・私たち日本は安全性に全く問題がないのに、エチオピアの
コーヒーを拒み続け、同国は2年以上苦しみました。
・基準値超えの遠因は私たちが廃棄した農薬でした。
・日本の厳しい基準をクリアするために、餓死者が出るような
国で高価な分析機器による分析が始まりました(日本は費用を
支援してはいますが)。
・違反をつくった農薬の1つであるDDTの使用が、コーヒー
栽培エリアから遠く離れたマラリア汚染地域を含む全土で禁止
されました。

今日この日は、正しく識り、正しく怖がることの大切さを考える日
であってほしいと思います。当時の講演、論文などは検索して
いただくといろいろ出て来ますが、1つ講演の動画を共有させて
いただきます。