日本の食文化と技術を世界に発信します。

1906年ロサンゼルスにて、創業者の石光季男氏が現地の日本人のために日本食の販売を始めました。
日本茶、もち、味噌汁、酒。渡航した日本人の方は祖国を想い、大変喜ばれたそうです。
海外事業部は創業当時の志とストーリーを引き継ぎながら、現代のニーズにマッチする日本食を海外に伝えています。

輸出事業カテゴリーの特徴

特徴

日本食をメインとした商材の輸出

調味料、加工食品、水産品、お菓子、お酒などの嗜好品 多彩なジャンルの日本の商材を海外へ輸出しています。
海外の現地バイヤーと密に連携を取り、現地ニーズに合わせた商材を提供/情報のキャッチを行っています。
国内のメーカー様と協力し、海外営業を二人三脚で行うこともします。

わたしたちは、食材のみならず、その提供方法や由来等、その食材にまつわる文化も伝えることで、その魅力をより深くお届けできるよう努めてまいります。
また、日本の食文化を海外に広めることで、同時に日本国内の伝統産業や地方生産者のみなさまのお役に立てるよう努めてまいります。

輸出の仕組みチャート

  1. 製造
    日本全国の
    メーカー様
  2. 石光商事株式会社石光商事
    輸出
    運輸
  3. 海外取引先海外卸売/海外商社
    輸入 海外商社
  4. 販売
    • 東南アジア
    • オセアニア
    • ヨーロッパ
    • アフリカ等..
特徴

三国間貿易

輸入事業で培ったネットワークを使用し海外サプライヤー・工場から直接海外バイヤー様のもとへ商材をお届けします。
日本を介さないことで低価格・ハイスピードの供給を可能にします。
日本の品質管理基準に準じた商品の取り扱いを実現しています。
サプライヤーとバイヤーの間に立ち双方の調整を行います。

三国間輸出-海外サプライヤー・工場から直接海外バイヤー様のもとへ商材をお届けします。サプライヤーとバイヤーの間に立ち双方の調整を行います。

特徴

海外向け商品開発

海外顧客の要望に合わせた日本商材の開発を行います。
海外で求められる規格や商材が国内にない!そんな時には当社の国内取引先様と連携を取りながら一から商品を開発します。

海外事業支援チームの特徴

海外グループ会社と石光商事をつなぐ専門部隊を設けています。

主な活動目的
  • 海外グループ会社の
    営業支援
  • 海外グループ会社と
    石光商事の協力事業の推進

主要取引国

主要取引国マップ

海外グループ会社

石光商貿(上海)有限公司
中国 上海 中国の皆様に新しい飲料文化をお届けします。
コーヒーや清酒・焼酎の飲料をメインとし、普及に取り組んでいます。
THAI ISHIMITSU CO., LTD.
タイ バンコク タイへの日本食輸入、また、日本への輸出を行います。
食で両国をお繋ぎします。
A.Tosh Ishimitsu Beverages India Private Limited
インド コインバトール インドで日本の基準を満たす品質の紅茶製品の製造に取り組んでいます。
PT. SARI NIHON INDUSTRY
インドネシア メダン 永年お世話になってきた海外サプライヤーと国内のお客様をお繋ぎし、日本品質の飲料工場を設立しました。
アジアのみなさんにお手軽に楽しめるおいしいコーヒーをお届けします。