コーヒー・飲料事業

生豆事業

弊社は設立当時より、コーヒー生豆を中心とする事業をビジネスの核として取り組んでまいりました。
コーヒー生豆は、主に赤道をはさむ南北25度のコーヒーベルトと呼ばれる地域で、生産されています。

弊社では、中南米、アフリカ、アジア等のコーヒー生産国から生豆を調達するにあたり、それぞれのエリア担当者が直接現地に赴いて情報を収集すると同時に、現地輸出業者や農園とのパートナーシップを築く中で、お客様の求める品質、価格、数量の最適化に努めています。

私達のテーマは「品質と共に仕事する」事です。

私達が目指す品質とは、単なるおいしさや稀少価値だけを求めるのではなく、いたずらに農園名や品種名を冠する事でもなく、産地と一緒になってお客様の求める価値を創り出すことです。
更にそれは安全であり、安心して頂けるものでなくてはなりません。

その為に社内研究開発室と品質管理チームが一体となって、コーヒーの分析と評価を行っています。
生豆の成分分析から残留農薬等の検査、焙煎豆や抽出液の成分検査や社内有資格者による官能検査等を行い、目指すべき品質の実現に向けて活動しています。

取り組みについての詳しい内容は、
弊社が運用するコーヒーの品質専門サイトをご覧ください。

石光商事のコーヒー専門サイト Quality of Coffee www.qualityofcoffee.com

加工品事業

インスタントコーヒー事業

ブラジル、コロンビアをはじめとするコーヒー産地国やスイスHACO社から輸入した、合計約30種類の味覚・品質特徴の違うインスタントコーヒーを常時在庫し、顧客要求に応じた味覚・価格・形態の「インスタントコーヒー製品」を生産しています。
味覚センサーによる味覚分析、そしてその分析を活かした最適なブレンド提案といったノウハウと様々な商品形態に対応する生産設備を兼ね備えNO.1 OEM インスタントコーヒーメーカーを目指しております。

インスタントコーヒー

レギュラーコーヒー事業

グループ企業に、レギュラーコーヒーの専門メーカーの東京アライドコーヒーロースターズ、関西アライドコーヒーロースターズを擁し、日本有数の加工、販売実績を誇ります。
常に美味しいコーヒーを提供するために、最新の生産設備を業界に先駆けて導入し、厳しい検査体制のもと、缶・PETコーヒー、チルドカップコーヒー製品等の原料となる工業用コーヒー、コーヒーチェーン・レストランチェーンをはじめとした外食向けコーヒー製品、そして、コーヒーメーカーやドリップ用の缶・袋入りコーヒー、近年消費の個食化に対応した1杯取りのコーヒーバッグ等、多彩な家庭用コーヒーの生産、販売をしております。

レギュラーコーヒー

小さく始めて大きく育てるドリップバック受託生産のご案内

茶類事業

工業用商品

紅茶葉、ウーロン茶葉、緑茶、穀物茶等を全地球規模で調達しています。
さらに需要に応じてブレンド、精製、火入れ、パウダー化、滅菌などの加工を行い、大手飲料メーカー向け原料として販売しております。

工業用商品

業務用商品

外食市場向けの紅茶葉、ウーロン茶葉を安定した品質と価格で販売しております。

業務用商品

家庭用商品

海外包装品及び国内包装品の、OEM調達を行っています。
ティーバッグが中心であり、原料品質の作り込みから包装品質の管理、物流提案まで行います。

川上から川下までのサポートにより、ブランドオーナー様の市場競争力を高めます。

家庭用商品