私たち石光商事は創業以来100年以上に渡って、「食」にこだわり、「食」を通じて世の中に貢献する心を大切に仕事に取り組んできました。

 最初はロサンゼルスの地で、アメリカに移り住んだ日本の方々に懐かしい日本の食料品をお届けする仕事からスタートしました。その後拠点を日本に移し、当時まだ珍しかったコーヒーを日本に広め、新しい食文化創りに取り組みました。コーヒーのある暮らしは食生活の多様化と相まって外食産業を発展させ、私たちは単なるコーヒーの専門商社から業務用食材のサプライヤーとして成長しました。さらに最近では、日本の食文化を海外に伝える仕事も伸ばしつつあります。

 「食」に対する消費者のニーズも、「食」を取り巻く社会環境も、日々刻々と変化しています。しかし、どんな世の中であっても、「食」を通じて消費者のみなさまの幸せを支える企業であり続けたい、そう強く思います。

 そのために創業110年目の今年から3年かけて、中期経営計画Sプロジェクトを実行し、200年、300年と続く企業となるための基礎を固めていきます。課題の1つは「健全な成長を支える健全な体質作り」です。あるべき姿を念頭に仕事の仕方を変えていきます。もう1つは「人づくり」です。世界の人々と共に栄えるために、共に考え、共に働くためのよりよい環境づくりに取り組みます。

 200年経っても変わらぬ存在であるために、私たちは変わり続けます。

2016年6月29日